2logos

ディープマインドフルネス®認定
呼吸法・瞑想法講師「継続教育」

アーカイブ

認定講師のオハナの皆さま、いつもありがとうございます。2024年2月16日に開催された継続教育のアーカイブをお届けいたします。ご質問などございましたら、遠慮なくLINEにご連絡ください。また、「次回はこんなテーマで話して欲しい」というリクエストも遠慮なく、お寄せくださいませ。

RYT200banner202408_02a

【早割付きのヨガ講師育成講座開催のご案内】

2024年8月から約1ヶ月間の「全米ヨガアライアンス協会認定RYT200プログラム」をオンラインで開催します。【①zoomのライブ授業】【②アーカイブ動画(ライブ授業の録画)】【③オンデマンドビデオ】の形式で提供されますので、マイペースで学べ、世界のヨガ資格RYT200とディープマインドフルネス®︎ヨガ認定講師、ディープマインドフルネス®︎椅子ヨガ認定講師のトリプル資格を取得することができます。

 

さらに、早期申し込み割引き(早割り)で約40万円相当のプレゼント!ご興味がある方は以下のボタンをクリックしてください。詳細が決まり次第、ご連絡させていただきます。

RYT200banner202408_02a

【早割付きのヨガ講師育成講座開催のご案内】

2024年8月から約1ヶ月間の「全米ヨガアライアンス協会認定RYT200プログラム」をオンラインで開催します。【①zoomのライブ授業】【②アーカイブ動画(ライブ授業の録画)】【③オンデマンドビデオ】の形式で提供されますので、マイペースで学べ、世界のヨガ資格RYT200とディープマインドフルネス®︎ヨガ認定講師、ディープマインドフルネス®︎椅子ヨガ認定講師のトリプル資格を取得することができます。

さらに、早期申し込み割引き(早割り)で約40万円相当のプレゼント!ご興味がある方は以下のボタンをクリックしてください。詳細が決まり次第、ご連絡させていただきます。

では、アーカイブをお楽しみください。

2024年2月16日開催(公開期間3月6日まで)

■次回日程

ディープマインドフルネス®︎認定呼吸法・瞑想法講師「継続教育」の次回日程は下のボタンを押してご覧ください。

【ご案内】
瞑想法や呼吸法に興味はあるけど、何から始めればいいかわからない…
そんな方におすすめの体験講座

基本的な呼吸法や瞑想法を実際に体験し、日々の生活に取り入れる方法を学ぶことができます。ストレスや不安を抱える方、心と体の調子がイマイチ、という方におすすめの講座です。日常生活での活用法も紹介します。

 

初心に戻って瞑想を楽しみたい!という方にもおすすめです。

 

無料開催ですので、ぜひご参加ください。

【日程】2024年4月14日(日)

【時間】21:00〜22:00

【講師】アキ・ソラーノ

・ディープマインドフルネス®︎開発者

・世界最高峰のヨガ師範(E-RYT500)

・ヨガヒーラーアカデミーハワイ校長兼オーナー

【対象】瞑想の初心者の方、瞑想未経験の方、初心に戻りたい方

【開催方法】Zoomによるオンライン開催

【参加費】無料

【準備物】動きやすい服装、飲み物

【お申し込み方法】
お申込みは下のボタンを押してください。

hajime_nodate_bn_web_page05

ご案内

各種イベント・レッスン・講座のご案内
ぜひご参加ください

オンラインヨガレッスン

呼吸と動作の連動で自己を探求するヨガ

 

✅身体が硬くてもOK
✅動かない部位があってもOK

 

ディープマインドフルネス®ヨガ始者のアキ・ソラーノが月に1度、ラスベガスからライブでレッスンをお届け。

 

Zoom環境があればどこからでもご参加いただけます。

 

ヨガビギナーから指導者まで、どんなレベルの方も大歓迎です。

配信コンテンツの著作権等について

  1. ヨガ ヒーラー アカデミー ハワイ(以下「当アカデミー」といいます)が主催または配信するセッション、講座、プログラム、セミナー等(以下、プログラム等といいます)に関する映像、画像、音声、商標、ロゴマーク、記載等についての商標権、著作権(著作権法第27条及び第28条で定める権利を含むがこれに限らない。)、所有権その他の権利(以下「著作権等」といいます)は、全て当アカデミーに帰属します。
    当アカデミーのプログラム等の参加者(以下「参加者」といいます)は、当アカデミーの許諾なしに、当アカデミーが権利を有する著作物、商標等を無断で使用などの権利を侵害すること、他のサイト上へのアップロード、転載行為及び第三者への配布等を行うことはできません。
  2. 参加者が前項に違反した場合、当アカデミーは、当該参加者に対して商標権法または著作権法等(その他当アカデミーの権利に基づく場合を含みます。)に基づく各処置(警告、告訴、損害賠償請求、差止請求、名誉回復措置等請求等)を行うことができるものとします。