ヨガ・プログラム

3週間で体が強くなりますか?というのは、人の体が一ヶ月あまりで変わるとは思えない…

3週間にわたる集中プログラムは、まさにヨガ三昧の毎日です(お休みの日を除く)。
そのために、心身共に健康になった、体力がついてきた、筋肉がついてきたと多くの生徒さんがおっしゃいます。

特に、安全で安定したヨガの実践を重要視する当アカデミーのプラーナチャクラヨガは「コアの筋肉」が鍛えられるのが特徴です。

アーサナをとるたびに聞こえてくる講師陣のキューイング。
それは「コアの筋肉のエナジーを使って!腹横筋を収縮。内転筋! インナーマッスル」などなどです。

コアの筋肉の使い方を解剖学的な視点からも学ぶことで、上手にコアの筋肉を使えるようになります。

コアの筋肉を鍛えると、ウエストがくびれ、お腹のぽっこりも引き締まります。
「スタイルが良くなった」とご自身で感動される生徒さんもいらっしゃるんですよ。

「ワォ~。筋肉が見えてきた!」と、筋肉を披露しあう生徒さんの姿もよくあるシーンです。

現在、ヨガのインストラクターです。ヨガの哲学やリラクゼーションに興味があります。…

当プログラムでは実践的でわかりやすい【ヨガ哲学】の授業にも力を入れています。

さらに、当プログラムは「豊かな人生を目指す全ての人のためのヨガ」をベースとしたセラピューティック ヨガ(ホリスティック ヨガ)に力を入れています。

さらに大きな特徴は「ビジネスとヨガ」、「ヨガプレゼンテーション」の授業がカリキュラムにあることです。

ほとんどの修了生の方が、プログラム終了後、即インストラクターとして活動をスタートされています卒業生、多数活躍中です)。

なお、当プログラムは現役のヨガインストラクターの方もご参加いただき「スキルアップになった」と大変喜んでいただいております。

何回かに分けてプログラムに参加することは可能でしょうか?

何回かに分けてご参加いただけるシステムをつくることも検討しましたが、最終的には3週間連続してご参加いただくこととさせていただきました。

3週間連続してご参加されることが、プログラムを修了することに加え、ご自身の目覚めや成長を得ることに対して最適だと考えたためです。なにとぞご了承ください。

卒業後米国に残り、米国でのヨガインストラクターの活動がしたいのですが、そのような…

残念ながら米国でのヨガインストラクターとしてのご紹介などはいたしておりません。ご了承ください。

RYT200の更新は毎年とのことですが、特にその間に講義を受けたりポイントを取得…

RYT200の更新は毎年ご自身でおこなっていただく必要があります。
それ以外といたしましては、3年ごとに全米ヨガアライアンス協会が規定する「継続教育」の単位を取得する必要があります。

詳細はこちらをご覧ください。

全米ヨガアライアンス協会の継続教育とは

セッションスタートの前日にラスベガス入りするとのことですが、その場合、前泊の宿泊…

いいえ、必要ありません。ラスベガスご到着日のご宿泊費も滞在費に含まれています。
したがいまして、セッションスタート前日の前泊費は必要ありません。

プログラム参加中に別途教材費がかかることはありますか?

プログラムにご参加中の教材費は「オプション部分」を除いてすべて受講費に含まれています。
したがいまして、オプションを選択されない限り、新たな費用はかかりません。

オプションとは、たとえば、課外授業で行なう体験アクティビティなどです。体験されるのであればその費用がかかります。

オプションは必修ではありませんので、ご希望された方のみ費用を現地でお支払いいただきます。また、オプションへの不参加がRYT200取得に影響することはありません。